GET AR

世界を変えるARニュースメディア

【Google Tango】ARアプリ カー・ビジュアライザー、マーカーレスで仮想自動車を表示

 2772

自動車の色やフォルムを画面上で自由に確認できるCar Visualizerを使用している写真

Project Tango対応デバイスのモーショントラッキング機能を利用し、マーカーを使用せずにバーチャル車を見ることができるCar Visualizer(以下カー・ビジュアライザー)。デバイスを動かすだけで、ブレずに表示されたり、車のどの部分にズームしたりすることが可能。また、ドア、フード、トランクをダブルタップすることで車の各部位が反応する。サンルーフ、リム、新しい塗装スキームなどの代替機能のメニューを使用して車の外観を変更可。ただし、このARアプリGoogle Tango搭載のデバイス向けにデザインされており、それ以外はサポートされていない。

関連記事
【Google Tango】スマホを投石器具(パチンコ)にして遊ぶARゲームアプリ、スリングショット・アイランド

【Google Tango】Trixi、協力型ARシューティングゲームPHANTOGEISTをリリース

【Google Tango】購入前に家具をテスト配置できるARアプリWayfair View

Google Tango搭載スマホのARアプリのカー・ビジュアライザーの成功の秘訣と、不可能を可能にする最新技術

Plus 360 Degreesによるキャンペーン、カー・ビジュアライザーは、私達の持つ好奇心や意欲の結果である。技術者、HCI(人間とコンピュータの相互作用)と3Dインターフェイスの関係もその一つ。実際にインターネットが可能にしたように、熱狂的なゲーマーである私たちは、個人的にガレージを持ち、自由を手にする可能性を想像させる。課した最大の挑戦は、高性能なグラフィックを操作盤とコンピュータゲームを使い、ブラウザに取り込むことだった。このようなことには、慣れていないと知りながら、できるだけの努力をした。

Google Tango搭載スマホのARアプリ、カー・ビジュアライザーの最新技術と可能性

カー・ビジュアライザーは、最新の技術を用いて作られた。Flash Stage3D(Flash11の新機能)とWebGL(ブラウザで3Dコンピュータグラフィックスを表示するための標準仕様)を搭載。ブラウザに制限されているすべてのユーザーのため。Web技術は、我々が今までにない新しい可能性を秘めた、驚くべき製品を作ることが可能な、高いレベルまで発展している。ゴールの一つは、古いラップトップ、AndroidやChrome BetaのWebGL搭載タブレットでプロジェクトを円滑に進めることであった。

ARアプリの成功に最も大切な事

たくさんの素晴らしい反応を受け、このプロジェクトは成功した。他の3D案があったとしても、このパフォーマンスは最高のものであり、現実的な結果である。環境とのコンビネーションや音、ユーザーの実体験が成功を導いた。もし、あなたが小さなチームで働くとしても、臆することはない。決断力や情熱次第で、良い結果をもたらす。これこそ、このプロジェクトの成功で学んだ、重要な点だ。事実、このプロジェクトは、メンバー2人、総作業534時間で果たされた。

関連記事
【Google Tango】ARアプリLowe's Visionで、家具・インテリアを仮想配置

【Google Tango】惑星を学習できる教育ARアプリ、スケール太陽系シュミレーター

【Google Tango】自分好みに自転車をカスタマイズできるARアプリ、Bike 3Dコンフィギュレーター

【Google Tango】自分がゴーストになってプレイするARゲームアプリ Ghostly Mansion

Android App
Car Visualizer

AR Androidアプリ ARアプリ ARニュース Google Tango 自動車
,

英語圏留学後、今はフランスの大学受験生。ARについての知識を深めるとともに、どんどんレベルアップしていきたいです。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly