GET AR

世界を変えるARニュースメディア

DAQRI所属のBrad Waid、子供向け教育AR企業AugThatの役員に任命

 1421

Brad Wrad氏の顔写真

グローバルスピーカーで有名なBrad Waid(以下:ワイド氏)は2016年9月25日、AugThatの公式役員に採用されたことを明らかにした。AugThatは子供教育向けに3D画像に複数のコンピュータの要素のビューを提供し、現実世界のユーザーのビューにコンピュータで生成された画像を重ね合わせるAR技術を用いる企業だ。

関連記事
自閉症を持つ子どもへ教育の可能性を広げるARテクノロジー

ARの効果を教育現場で最大限に生かすために、必要となる4つの考え方

AR技術を使用して、教室内の授業をレベルアップさせる4つの教育方法

AugThatは子供の思考過程を展開するのだけではなく、学習の冒険を生成する魅力的で素晴らしい経験をさせることを目的とし、活動している。すべてのデバイスで見ることができ、アニメーションレッスンで3次元モデル、360度VR環境、およびアクティビティ・シートを供給する。ワイド氏は教育者のリーダーとして知られていて、AR教育を劇的に伸ばし、教室内で使用できるツールの一つを提供。米国中の会議でその意思を提示し、学校、学生、教師を豊かにすることを目標としている。

ワイド氏はDAQRIとAugThatの役員に所属しでもあり、Two Guys and Some iPadsの共同創業者だ。

また15年以上の教育人格者で教育分野の技術専門家。教室での経験、教育工学、21世紀の学習、文化とイノベーションにおけるAR業界のリーダーでもあり、20年間の業界に影響を与える人物として全国教育委員会協会から認定。ワイド氏の知識と教育、情熱は、AR教育における商品に引っぱりだこだ。

関連記事
Tangible Play社が開発した最先端の子供教育ARアプリ、Osmo

子供用ARビルディングブロックゲームKoskiがおもしろい

子供向けAR教育プログラミングゲームLittle Engineer

ARニュース DAQRI 子供 教育
,

國士舘大学体育大学武道学科卒→商社→セブ留学→独学でWebを勉強→GET AR管理人。ARの可能性に興味をもち、AR大好きな人。語彙はないが、情熱はある人。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly