GET AR

世界を変えるARニュースメディア

米国人がVFXを活用したARタロット占い、Augmented Tarot Appを開発

2017/01/14
 2100

Augmented Tarot Appの画像

有名なアメリカのオカルト信仰者Paul Foster Case(ポール氏)はかつて、「タロットは、カードのように見えるが本である」と述べた。現在、Augmented Tarotアプリ(以下ARタロットアプリ)により、誰もがこの神秘的な本を読むことができる。

この拡張現実(AR)アプリは、ハリウッドVFX(CGや合成を使い映像を加工する)ソフトウェア製作者のEddie Offermann(オファーマン氏)が開発した。オファーマン氏は、「人はそれは本当の魔法のようだと言った。おそらく、これをテクノロジーを用いた単なるアプリの宣伝と思ったのではないだろうか。ARは注目すべき最新技術なのだが、それだけではなく人々に考えを与え、惹きつけるものである。私たちの仕事について、もっと説明が必要だろう」と述べた。

関連記事
AR技術の融合でヴァイキングの史跡を訪ねる

ARタロットアプリは、特殊な効果とアニメを使用し、ユーザーにRider-Waite(最も古典的で有名なタロットデッキの名称)と同時に、カードの意味を見せる。タロットは、表裏により意味が異なりこのアプリでも同様だ。

「ポケモンGOの爆発的な人気で、人々は、ARを身近に感じ、現実に合成された。このゲーム発売後、私は12通ほどのメールと着信を受け取った。今あなたがやろうとしていたことの意味がわかった!といった内容のものだ。ようやく彼らも、現実とそれのつながりを理解したのだろう」オファーマン氏は語った。

タロットは、14〜15世紀に北イタリアで作られた、78種のカードである。それぞれのカードには、イラストと特別な内容に沿ったタイトルが記載されている。占いや予言とタロットは結び付けられ、配られたカードは未来や起こりうる可能性を示す。18世紀末、タロットは未来の予想や占いとして、使われ始めた。

関連記事
HoloLensを利用したカードゲーム動画がSFの世界

ティムホートンズ、アッパーデックと提携しNHLカードとARアプリをリリース

AR最新トレーディングカードゲームGenesis、5万ドル以上の資金調達に成功

App Store
The Augmented Tarot

Google Play
The Augmented Tarot

AR Androidアプリ AR iPhoneアプリ ARアプリ
,