GET AR

世界を変えるARニュースメディア

eコマースとARに関する4つのこと

2017/01/28
 1701

小売業の将来は、店舗と同じような購買体験ができるeコマースのシステム制作にかかっていると言っても過言ではないです。eコマースは近年ホットな小売業のイノベーションではありましたが、これからの購買体験に比べればグンと色褪せます。

拡張現実(AR)技術によって、各ブランドや小売業者はショッピングをより意味のある記憶を残し、消費者はより満足のいく購入の意思決定ができます。

1. eコマースは、時間と場所の問題を解決した

小売業の仕事とは、常に良き購買体験を、良き時間と場所で提供することにありました。eコマース出現により、この2つの問題点を効率的に解消することができ、ブランドや店舗にとっても良い収益方法になっていることは、過去を振り返ってみても明らかです。

2. 最大の不安要素は、実物に触れない・見られないこと

顧客がeコマースに消極的になる一番の理由は、間違った商品を買ってしまうことです。店頭での買い物で客が買うか買わないかを決める要素は、eコマースでは失われてしまうことが多い。eコマースだと商品を触ったり、どのように使うか見てみたり、家に置いた時にどのようなイメージになるかを想像したりすることが不可能。実店舗に出向かず商品を手にとって見れないことで顧客は不安になり、商品の購入を止めてしまいます。

3. ARは遠い未来の話ではなく、すでに有用な技術

小売業者の見解では、ARを使ったショッピングなら68%の人がより多くの時間を費やすという結果が出ています。拡張現実(AR)技術の台頭により、小売業界のハードルを飛び越えていける要素です。多くのブランドではまだARは未来の革新的技術と思っていますが、すでにビジネス的な価値を生み出すもの。eコマースのイノベーションは急速に発展しており、ARはeコマースに物理的な要素を組み込む可能性を秘めています。

4. 顧客により明確なイメージを持たせることができるAR

AR技術を使うことで、顧客自身がいる環境、例えば会社にリビングを持ってきて、リアリティのある経験をさせます。ARは小売業者にとって、多方面的アプローチをする素晴らしい手段となります。店舗では、商品を組み合わせた時にどう見えるか、実際に家に置いた時にどう見えるかを体験させるためにAR技術を使うことがより良い提供になります。

Augment Blog
Augmented Reality’s Position in E-Commerce

App Store
Augment - 3D Augmented Reality

Google Play
Augment - 3D Augmented Reality

SDK
Augmented Reality for Retailers

Augment
Augment: Enterprise Augmented Reality Platform

AR技術・テクノロジー