GET AR

世界を変えるARニュースメディア

Blippar、顔認識技術でユーザーを検索できるARプロフィール機能を追加

2017/03/07
 4207

AR顔認識でプロフィールを検索できる新機能Blippar Face Profileを使っているイメージ写真

スマートフォンで対象を認識して関連情報にアクセスするARアプリBlipparsphereなど、世界中のオブジェクトの視覚的なカタログを構築することを目指してAR技術を活用しているスタートアップ企業、Blipparはモバイルアプリにリアルタイムの顔認識技術を追加してユーザーによるAugmented Reality Face Profiles(AR顔プロフィール)の作成を可能にした。

新技術は、ユーザーをスキャン、またはBlipp(瞬時に記録)する。実際にそこにいる人や印刷された写真、テレビに映る人を問わず、顔プロフィールを持っている人々にスマートフォンのカメラを通してユニークなAR体験を可能にする。

リアルタイムの顔認識でプロフィールを表示、ユニークなAR体験は間もなく公開

機能のロックが解除されるのは、スキャンされた顔が既存のARプロフィールに属している場合のみ。同社はまた、ローンチのために7万を超える有名人のプロフィールを作成した。まだローンチされておらず、最終的にはアプリの自撮りモードで自分のプロフィールを設定できる。

Blipparは、「アプリのアップデート以降、多くの有名人を認識できる。ARで自分のプロフィールを作成する人々のための、とてもエキサイティングな機能は、もう間もなくローンチされる」と、声明を出している。

関連記事
有名メイクアップアーティストのメイクが簡単に試せる!ARアプリMakeupPlus

Facebook、自撮りライブビデオ用AR拡張現実アプリ『Masks』をリリース

スタイリッシュアーツのARアプリComet earth、画像認識率97%にアップデート

自分自身の顔は、最も表現力豊かなコミュニケーションツール

各ユーザーのプロフィールでは、彼らの頭の周りを、ウィジェットのように丸く表示された様々なAR機能のアイコンhalo(以下ハロ)が囲む。気分やオーラ、写真、好きな音楽、有名人にそっくり機能など、ハロの5つのポイントはユーザーのプロフィールにさらに詳しくリンクする。ユーザーは、プロフィールを全体に公開することも、プライベート専用にも設定できる。

新技術は、2016年の初めにローンチされたアプリBlipparsphereに続く。実世界のオブジェクトを認識するために機械学習を使用した、視覚的なブラウザである。

Blippar共同創設者であり最高経営責任者Ambarish Mitra氏(ミトラ氏)は、「AR顔プロフィールは、我々のコミュニケーションと、自分自身を表現する方法を変革する。我々の顔は、コミュニケーションにおける最も表現力豊かな形であり、このリリースで初めてそれをデジタルに活用する。当社の顔認識技術は、検索結果を拡張する知識ベースであるナレッジグラフと組み合わせて、人々の趣味や意見、興味のあるものなど、愛しているものを通して彼ら自身を表現することを可能にする。これは、あなたが誰であるかを示し、他の人について多くを知ることのできる、新しくてユニークな楽しい方法だ。」と述べている。

関連記事
英コヴェントガーデンとBlipparが提携、ARアプリでクリスマスのショッピングを盛り上げる

TREE社、Blipparと提携し外国人観光客へAR多言語翻訳アプリのサービスを提供

開発者にARソリューションを提供するBlippar 「巨大なAR市場を実現する世界を見ている」

引用元
AR startup Blippar added real-time facial recognition to its app

ARニュース