GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ARマーカーレスで使用可能な『PoindextAR』が、石油とガス産業に効率化をもたらす

 2765

多くの技術と同様に、拡張現実(AR)も、登場した頃は地味な存在でした。当時、現実の世界に3Dコンテンツを重ね合わせて表示する考えは、SFの話に過ぎなかったのです。それを現実的な話にすることは革命的でしたが、ARの能力には限りがあります。しかし、能力の限界に対して、ARには最も基本的な産業に大幅な革命を起こす無数の応用法がありました。ひとつの例が、石油とガスです。

人工知能と同様に、ARは早くも、利用できる最も強力で有望な技術のひとつとして拡大しました。モバイルデバイスでQRコードをスキャンするだけで、3Dコンテンツを表示するARマーカーとしての役割を与えることができる技術です。ただ、技術は絶え間なく前進しているので、すぐに更新されていきます。

ARは文字通り、私達の世界の見方を変えます。私達の研究開発チームは、変化した世界の見方を日常生活の一部にするというビジョンを念頭に置いて、迅速に研究に取り組まなければなりませんでした。ARが、次の進化のステップを踏むためです。そして研究に取り組んだ結果、PoindextAR(以下『ポインデクスタール』)という技術を開発しました。

 グラビティ―ジャック社が開発した拡張現実(AR)技術『PoindextAR』

3Dコンテンツを表示するためのARマーカーが不要

『ポインデクスタール』は、他のAR製品とは違って、ARマーカーを使用しなくても利用可能。それが、Augment Anything(何でも拡張する)です。物の大きさや形状、テクスチャ、証明条件に関わらず認識。チュートリアル、メンテナンスアップデート、検討策などの情報を重ね合わせることができます。

『PoindextAR』と拡張現実(AR)を、石油とガス業界で活用する

ARが、本当に日々の生活の一部となるかどうか疑問に思っているあなたへの答えは、簡単です。ARは、職場で機能します。

米国アプリ開発会社グラビティ―ジャック社では、ある産業がどのようにARを活用するのかを、より深く見ていきたいと考えています。今回は、『ポインデクスタール』とARが、石油とガス産業にもたらす新しい機会を見ていきましょう。

火災発生時に、作業者を安全な場所へ誘導する

多くの産業と同様に、石油とガス産業にとって最大の懸念は、安全性と効率性です。『ポインデクスタール』は、ヘッドセットやモバイルデバイスを使用して、これらの困難な問題を解決します。

油田での作業には、24時間休みがありません。職場には多くの危険が伴うため、安全要求事項をしっかりと満たしていることが重要です。掘削業界の主な危険のひとつに、火災や爆発の可能性が非常に高いことが挙げられます。

米国の国際安全衛生センターは、現在、すべての石油とガス会社に向けて要求をしています。火災が発生した場合に備えて、事前に計画された出口経路と、緊急時の安全計画を用意することです。もし爆発的な火災が起これば、混乱の中で危険な作業区域から逃れて安全な道を通るのは、難しいかもしれません。

この時、もし石油とガス産業で働く作業者がAR対応のヘッドセットを装着していた場合、彼らを安全に誘導する道筋を示すことが可能です。AR技術は、脅威がどこで発生しているのかををただちに検出、最短で安全な道筋の方向をARヘッドセットの装着者に提示します。ヘッドセットのGPSを有効にすると、さらにステップを進めることも可能。消防署と石油ガス会社に向けて、安全な場所にいる人とそうでない人について、正確な数値を示すでしょう。また、孤立した作業者の居場所も、正確に表示します。

高速で動く部品を識別して、作業者の怪我を防ぐ

石油抽出装置は、いくつかの機械が高速で動いています。高速で動く部品に手を近づけたくないことは、言うまでもないでしょう。もし事前に誤作動などを知らせてくれれば、良いと思いませんか?

『ポインデクスタール』は、動いている部品でも識別可能です。機器をスキャンして問題を特定すると、ヘッドセットの警告を点滅させて、作業を進める前に機械の電源を切る必要があると伝えます。職場の安全性は多くの場合、効率性に繋がるので、ARはその点でも役立ちます。

機械の故障や誤作動の部位を特定して、作業者の安全な作業を手助けする

作業者は、故障したオイルリグの修理を、瞬時に求められることがあります。時には、どの部品を修理する必要があるのか分からないため、診断システムや試行錯誤に立ち戻らなければなりません。

『ポインデクスタール』には、大規模な機械やボルトのような、大きな物をスキャンする機能があります。一度のスキャンで、何が誤作動しているのかを正確に特定して、誤作動を修正するための手順を正確に示すために役立ちます。指示などの情報は、対象物に継ぎ目なく重ね合わせるので、両手が自由です。最小限の注意を払って、安全に作業できるようにします。

作業者の仕事をレポートにまとめて、管理者に送信する

作業者は、一日の仕事が終わる前に、やるべきことはすべて終わらせることができました。そして、関係する機械を点検したことを確かめました。『ポインデクスタール』は、機械をスキャンして、作業者のために適切な情報を自動的にチェック。必要な機械をすべてスキャンすると、情報をパッケージ化してレポートにまとめて、すぐに管理者に送信します。

拡張現実(AR)は、すでに職場に進出して、生産時間の効率化に成功している

紹介したすべての機能が実行可能であり、事の始まりにすぎません。現在、ARはすでに、職場に進出しています。例えば、航空機メーカーのボーイング社は、グーグルグラスを実装して組立ラインの生産時間を25%削減しました。

ボーイング社のような効率化が広がれば、ARを職場で採用するという考え方が企業に開放されると、私達は考えています。ARの導入で、最も大きなメリットを見出すことができる具体的な業界を分析し続けるつもりです。『ポインデクスタール』のメリットを享受できると感じた業界、または私達のブログの記事についてのアイデアがあれば、お聞きしたいです。お問い合わせフォームに記入するか、メールで送付してください。

関連記事
油田機器製造フィヨルド社、シンガポールのFPSO世界会議でARキャンペーンを発表

今後企業がAR(拡張現実)をビジネスで採用する画期的な7つの方法

GRAVITY JACK
AUGMENTED REALITY IN THE OIL & GAS INDUSTRY

GRAVITY JACK - poindextAR
poindextAR

AR技術・テクノロジー