GET AR

世界を変えるARニュースメディア

Tractica社、拡大を続けるAR技術搭載のHUD市場を徹底分析調査すると発表

 13405

車のフロントガラスがAR表示されている写真

ヘッドアップディスプレイ(以下HUD)は、ユーザーの視野に現実と錯覚させるほどリアルに、直接情報を映す装置だ。これらは、第二次世界大戦中、初めて戦闘機に搭載され、その後は旅客機や、車にも広がっていった。さらに、娯楽や産業、市民の安全にも使用されているのである。

米国市場調査会社Tractica社(以下トラクティカ社)は、近々幾つかの重要な要因が集まり、HUD市場はさらに実績を積み成長すると期待している。また、その他の分野の技術革新により、技術はさらに発達し、小型化や低価格化、省電力化を実現するだろう。加えて、スマートフォンにより、最新技術を受け入れ、慣れている消費者はますます増加。今後も乗り物や職場、娯楽において、さらなる技術を探し求めていく。HUDは主に、自動車とウェアラブル市場に区分されていくとトラクティカ社は分析する。

トラクティカ社は、2015年から2025年かけて予想される市場の傾向やHUD製品における技術問題を調査する。市場のメリットとデメリット、技術問題、主要な利用法が、17の具体的な業界の会社情報も含め細かく分析。市場予想や世界区分、HUDの種類、アプリ市場、さらに出荷台数、平均価格、利益も含まれる。

市場規模、価格、装置の障害になるもの、メリット、デメリットを分析

  • 自動車や航空関連、海運業、ウェアラブルにおけるHUDの市場規模はどのようなものか?
  • OEM(相手先ブランド製造代行)やHUDのシステムにおける、長期的に見た適正価格は?
  • HUDやアプリ市場において、需要のある注目すべき装置は何か?
  • HUDが拡大していく中で、障害となるものは何か?
  • HUD製造者とユーザーが直面する問題と、今後それらがどのように現れてくるのか?
  • HUDにおけるリーダー達は誰か、それぞれのメリットデメリットは?

企業から行政機関、開発者、投資家グループまで調査

  • HUD技術開発と製造者
  • 半導体と部品会社
  • ADASシステム(先進運転支援システム)の開発者と商社
  • 自動車や航空関連、海運業、工業装備メーカー
  • バーチャルとAR技術の開発者
  • 行政機関
  • 投資家グループ

関連記事
運転環境を改善するARヘッドアップディスプレイ、2025年まで1500万台出荷と予測

ARヘッドアップディスプレイ自動車の時代が来る!米市場調査会社が公表

引用元
Head-Up Displays : Fixed, Wearable, and Augmented Reality Displays for Automotive, Aerospace, Maritime, and Wearable Applications: Global Market Analysis and Forecasts

ARニュース