GET AR

世界を変えるARニュースメディア

企業の採用活動にビジネスARアプリを導入。雇用主と求職者を繋ぐ架け橋に

 923

カードを読み込み、ARで人を表示して説明している写真

ポケモンGOの成功により、全世界がARを話題にしているようだ。人材紹介業界と雇用主は、これをどのように利用すればよいか。

一部の企業は、彼らの求める人材の方向性を示したARアプリを開発することで、答えを見つけたと考えている。3Dインタラクティブビデオを特色としたARアプリは、すでに我々の知るところにある。これは志願者がコードをスキャンすることで、面接のヒントや就職口、志願者の希望を登録する方法などを確認できるものだ。

ARアプリの活用

しかし、企業はこれよりもはるか先へと進むことができる。例えばこの技術は、将来の人材プログラムのキャリアイベントに、力を貸すことになる。企業は、まず初めにイベント参加者にARアプリをダウンロードしてもらうことで、彼らを様々な部署やブースに案内できる。参加者が持っているスマートフォンカメラを各セクションに重ねると、チームや役割、その仕事に就くためのステップなどの情報を得られるのだ。このコンテンツは、参加者が選択した任意の方法で送達される。

このARアプリは、求職者と雇用プロセスを繋ぎ、雇用マネジャーが見込みのある志願者に会うための時間を提供する。願書、さらには志願者たちが希望のチームに、履歴書を郵送するための「今すぐ適用」ボタンも含んでいる。

効果

ARアプリは、将来の候補者が雇用者と最初に対話する際、インタラクティブで個人的なデジタル体験を与えるだろう。アプリを所有している企業には、志願者に関する情報を提供する。彼らのキャリア志望と、むしろ未来の才能が引き付けられないビジネスの領域についての情報を含む。雇用者は選択プロセスを調整することができるため、志願者が純粋に興味を持っているチームとの対話が可能に。つまり、志願者が確実により良い経験を持てる。

出会う際、雇用マネジャーはまた、彼らのビジネスユニットに大きな関心を寄せている志願者を得る。これは、志願者と企業側の長期的な保持を確保する助けとなる。ターゲットを絞ることで、雇用者と求職者、どちらにとっても時間の節約に役立つのだ。

改善点と今後

志願者は、雇用主が採用するかどうかのアセスメントの追跡性能によって、その選択プロセスに関わり合うことができる。今後雇用主が、志願者に対するフィードバックの提供がリアルタイムで可能に。志願者はビデオリンクやオンラインチャットルームで雇用主と繋がれるが、それによってプロセスのどこかの段階で悪用される可能性も視野に入れている。

志願者人口はますますデジタルに順応するので、ARは、人材戦略の未来にとって大きなものになる可能性がある。それまでは、ポケモンをゲットするために使っておこう。

まとめ

希望の職種や就職先に絞ったピンポイントのサポートで、きめ細やかな対応が可能になる。そんな企業側と求職者のマッチングのためにARを活用することは、これからの時代にそぐわないと感じた。時間のロスがなくなり、両者ともに満足度の高い活動ができる事で、ひいては社会が豊かに発展していくことに繋がるだろう。

関連記事
今後企業がAR(拡張現実)をビジネスで採用する画期的な7つの方法

ARワークスとデバイスメッシュ、価値を創造するIT業界の未来

転載元
Augment Your Recruitment Reality

AR Androidアプリ AR iPhoneアプリ ARニュース ビジネス
,

様々な可能性を秘めたARとの関わり方を考えています。ARの発展と共に、この社会がより良くなっていく事を期待しています。