GET AR

世界を変えるARニュースメディア

Atheerの未来のメガネ型ARスマートグラスは創造的だ!

2017/03/07
 4263

Atheerの未来のメガネ型ARスマートグラスは創造的だ!

想像してみて欲しい。もしも、生活の中でメガネ型ARスマートグラスを使用することが当たり前だという未来がきたとしたら、どう感じるだろうか。我々の日常生活は、ARの登場で、一体どのように変化するのだろう?そんな未来の風景をデモンストレーションした映像がある。提供元は、世界で最もインタラクティブなスマートグラスを発表しているAtheer社だ。

日常的を管理する

一日のスタートに必要な情報を表示

朝、目を覚ました男性は、まずARスマートグラスを装着した。するとすぐさま、ホログラムのウィンドウが表示された。そこには日付と時間、一週間の天気にカレンダーなど、一日のスタートに必要な情報がすべて揃っている。なおかつ、今日着る洋服の提案、TO DOリストといった便利な機能までもが備わっている。

仕事にも迅速な対応が可能

彼が、物を掴むように手を動かすと、リストの中から「ジョンに見積もりの電話をする」という項目が抜粋された。伝えたい内容と、相手の電話番号も表示されており、迅速な対応が可能だ。よく見ると、ウィンドウの右上に「Dariaはすでに起床し、活動を始めています」との文字が表示されている。彼の妻と思しき女性のログイン状況も、共有できるシステムのようだ。男性はその文章を確認したためか、視線を左に移した。

エクササイズにも利用可能

そこには、先ほど表示にあった女性が、ボクシングをするように両手を前に出す動作をしている。女性はARスマートグラスを通して見えるホログラムの的めがけて、パンチを繰り出している。スコアが見て取れることから、エクササイズを兼ねたゲームを楽しんでいるようだ。

子供でも簡単操作できる

男性がリビングに向かうと、子どもたちがテーブルについていた。もちろん、子供たちもARスマートグラスを身に着けている。テーブルの上に火山の3Dモデルが表示された。彼らはイメージを共有しているのか、モデルを見て楽しげな様子だ。

また、2人は、戦艦を撃墜するゲームにも興じている。高度な技術を駆使したスマートグラスとはいえ、簡単な操作で、子どもでも難なく使用できることがよく分かるシーンだ。

趣味やインテリア

男性が棚を開けると、ウィンドウが表示された。「提案:あなたにはプロテインが必要です」のように、情報と写真が与えられる。男性はウィンドウを一旦脇に寄せると、プロテインバーを手に取った。

ショッピングもできる

彼は、キーボードのみが置かれたテーブルにつく。手で引き上げるような仕草をすると、ゴルフクラブの販売員が映ったウィンドウが表示された。そのウィンドウのサイズを小さくして、ゴルフのアイアンやドライバーのサンプルをチェックする男性。先述の通り、スマートグラスの操作は至ってシンプルだ。実際に物を持って動かすようにすれば、サンプルを360°好きな視点から確認することができるという訳だ。

家具の仮想設置も可能に

妻は、家具のデザインを検討している。彼女と家具屋の男性は、棚を部屋に設置した場合のシミュレーションを、スマートグラスで共有しているのだ。彼女は棚の一部を切り取って、希望するイメージを男性に伝えた。男性は了承した後、書類を提示し、サインを求める。妻は表示に従ってサインをし、契約を完了した。以上の一連の動作はすべて、ホログラムのデータ上で行われている。煩雑で嵩高い紙の書類は、必要なくなったのだ。

家族の団らんの楽しい時間

男性はウィンドウを2つ並べて、業務上の話し合いの場を持っている。それぞれの状況から見るに、皆別々の場所に居ることが分かる。彼が会話を続けていると、着信音とともに「Dariaから新たなメッセージが届きました」との表示がされた。「子ども達とムービーを観る時間よ!」との妻からのメッセージに、彼は「ちょうど終わるところだから、すぐに行くよ」と返事をし、会議を終了した。最後には、家族全員が集まって動画を共有する。音量やウィンドウのサイズ、明るさの調整も簡単だ。

未来の働き方、家族団らんの楽しい時間は、このように実現されるのかもしれない。

まとめ

ARを通してこのような風景が実現される可能性が示唆されていることには驚きを隠せないが、Atheer社はとにかく先進的な視点を持っていると言えるだろう。特に家具のデザインを共有するシーンからは、大きな可能性を感じた。互いのイメージの齟齬を最低限に抑えられることで、よりパフォーマンスの高い仕事が可能になる。今後実際に実現できるとすれば、ありとあらゆる場面で役に立ちそうだ。

ただ、このスマートグラスの機能には、いくつか留意すべき点もある。まず、健康への悪影響の有無だ。幼い子どもも含めた家族が使用するにあたっては、安心・安全に使用できることが第一条件だと言える。また、家庭で使用するには情報がいささか多すぎることにも着目したい。

だがプロテインを勧める表示などは、例えば医療の現場や栄養指導においては、非常に有用であると考える。使用場面と情報の取捨選択についてよく考えることが、我々の役割ではないだろうか。

関連記事
Atheer社、デペロッパー向けの開発キットの動画を公開

AtheerのARスマートグラスで建設の現場の風景が変わる

Atheer社のARスマートグラス、医療の現場で活用される未来

Atheer
Atheer - AiR GLASSES

2016年10月12日 追記
Atheer CEO、Alberto Torres(トレース氏)が受けたWorldwide Businessのインタビューでは、「同社が開発しているAtheer Air Suiteアプリは、複雑なアプリケーションを動作させられる。アプリを使えば、自分の視点を、ARスマートグラスをつけている人だけでなく、オフィスにいる人にも共有が可能。また、ARスマートグラス、Atheer AiR GLASSESを使用すれば、各段に効率が上がる。市場ターゲットは産業や医療分野に焦点を当てて、目標は産業用途、企業をターゲットとしたARスマートグラスを開発している」と語っている。

2016年10月12日 関連記事 追記
Atheer社、デペロッパー向けのARスマートグラス開発キットの動画を公開

Atheer ARスマートグラス AiR GLASSES、医療の現場で活用される未来

AtheerのARスマートグラスで建設の現場の風景が変わる

Atheer CEO、インタビューで自社製品Air SuiteやAiR GLASSESなどについて語る

Atheer HP
Atheer

ARメガネ・スマートグラス