GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ラズベリーパイで製作したARシューティングゲーム、RoboToy

 2744

  • ボットに取り付けられたカメラで撮影した映像が、操作する機器にストリーミング再生される。時折、画面には爆発のような特殊効果が追加される。
  • レーザーガンと盾に、安全のため赤外線機能を使っている。
  • 車輪はモーター付きで、機器で操作できる。
  • 各ロボットにはICタグが取り付けられており、ゲーム内でのパワーアップができる。
  • ロボットとプレーヤーの通信にはWi-Fiを使用。1つのロボットをアクセスポイントにして、屋外で遊ぶことも可能。

モバイル機器やコンピューターを使い、本物のロボットを操作して遊ぶARゲームプロジェクトは、娘たちと遊ぶために空いた時間で作業を進めている。このゲームは2人以上、各プレーヤーがロボットを1台操作する。オタクパーティーに最適だ。

ゲームで遊ぶためには、モバイル機器やコンピューターのウェブブラウザを使用する。最新のChromeとSafariでは操作テストが完了している。各ロボットがゲームプログラムを実行してウェブアプリケーションサーバーのような働きをし、他のロボットとゲーム設定をシンクロさせる。

ロボット1台を作るのに必要なパーツリスト

  • Raspberry Pi(ラズベリーパイ) Pi 3 'B'
  • ラズベリー カメラモジュール(v1.3以降)
  • Arduino Uno r3 DIP版
  • Arduino モータードライバーシールド(エイダフルートのモータードライバーシールド バージョン1で試作済み)
  • 車のシャシーキット、DCモーター、車輪(一般的な4WD車のシャシーで試作済み。インターネット販売で17ドル。簡単に見つけられる。)
  • 2 USBポート付きPowerBank 10,000mAh
  • MFRC522 RFID モジュールキット (13.56MHz) RFIDカード付き
  • 3Dプリンターで制作した銃座 (PLA FDM)
  • ラズベリーの電源用USBケーブル(Type-AからマイクロType-B)
  • Arduinoとラズベリーを繋ぐUSBケーブル(Type-AからType-B)
  • モーター電源用USBケーブル(Type-AからTTL、またはType-Aの片方を切断)
  • マイクロSD(16GBのクラス4を推奨)
  • LED IR TSAL 6200
  • LED 5mm 何色でも良い(例:黄色)
  • LED RGB 5mm アノード(LEDのカソードでも後々設定を変更すれば使用可能)
  • BC547 NPN トランジスター
  • TSOP 4838 赤外線探知機 4個
  • スイーベルボールキャスター(4WDではなく2WDロボットを制作する場合)
  • オス-メスのデュポンケーブル32本、メス-メスを8本
  • ミニブレッドボード(170穴)
  • レジスター(10キロオーム 1個、220オーム 2個、100オーム 1個、47オーム 2個)
  • M2.5 10mmの六角ナットとネジ 8個
  • M3 10mmの六角ナットとネジ 5個
  • 金属製ブラケット 3個(角度90度、各足の長さ3.5cm、厚さ2mm、穴の大きさ7mm)
  • スペーサリング 4個

※ラズベリーとArduinoに必要なソフトウェアは説明書に記載。

設定を調整することで他のパーツでも制作可能

少しソフトウェアの設定を変更すれば、他の機材でも代用可能な場合がある。例えば、Arduinoを使わず、ラズベリーの汎用IOとArduinoのモータードライバーシールドを直接繋ぐことが可能だ。

他にもPCBコネクター方式のモータードライバー、例としてエイダフルートのラズベリー用DCモーターHATを直接ラズベリーパイに繋ぐこともできる。

関連記事
おもちゃを集めてカスタマイズして戦うARゲームSwapBots

蜘蛛型ロボットでARゲームをプレイできるMekaMon、2017年出荷予定

【Google Tango】自分好みに自転車をカスタマイズできるARアプリ、Bike 3Dコンフィギュレーター

引用元
Augmented reality in a shooting game with real robots

AR技術・テクノロジー