GET AR

世界を変えるARニュースメディア

2024年AR市場は1000億米ドル以上、スマートグラスや自動車分野で高まる需要予測

2016/12/18
 2492

株価と背景の写真

ハードウェア技術と精巧なモバイルソフトウェアの発展により、AR市場は、2024年には1002億4000万米ドルの規模になると予想されている。最近の傾向として、ウェアラブル装置やAR、IoT(モノがインターネットに接続されるネットワーク)の融合など、かなりの需要が期待され、これらの技術はさらに相互作用し、ユーザーを惹きつけるだろう。

ARは、効率良く市場で使われ、テレビや動画、その他メディアのキャンペーンにより積極的にPRしている。それにより、AR技術は、エンターテイメント業界で予想を上回る成長を続けているのだ。エンターテイメント関連計画には、この分野において有利になことばかりである。例えば、ARを専門に扱うMagic Leap社。この会社は、ユーザーの目の中で光り、フィクションのキャラクターと現実世界の境目をなくすDynamic Digitized Lightfield Signalという技術によって、発展しているのである。

AR市場のARデバイス、スマートフォンの成長率は予測よりさらに上回る

ハードウェアのセグメント(決算上の区分)によるCAGR(株の年平均成長率)が90%を超えるであろうと予想されている。SonyやMicrosoftの支持により、これらを2016年に市場に乗り予想をさらに上回るだろう。他企業は、ARデバイスに搭載されたセンサーやプロフェッサの質を上げる。早速、Googleはチップ(半導体)製造会社と共に、 Androidケータイカメラの部品とプロセッサの製造に取り組んでいる。LenovoがローンチするGoogle AR技術を使用したTangoが記憶に新しい。スマートフォンやタブレット端末は、2016年から2024年の間で55%のCAGRが増加するだろう。ARアプリやゲーム、エンターテイメントの需要の増加は、産業の成長に貢献する。

関連記事
Google AR技術Tangoを搭載したLenovoのスマホ、中国で2016年10月にローンチ

2016年12月18日追記
Lenovo社は2016年12月2日、Google Tangoを搭載した大型スマートフォンPHAB 2Proを日本国内で販売している。

レノボ、Google Tango搭載のARスマートフォンPHAB2 Proを発売開始

ARスマートグラスのAR市場は、様々な分野に使用できるため成長率が期待できる

HMD(スマートグラス)のセグメントは、2016年から2024年の間に市場のCAGRはおよそ70%に成長。それは、軍隊の適用範囲の増加や医療、科学的視覚化、製造教育、訓練、ナビゲーション、エンターテイメントが作り上げる。さらに、その他の需要変動の要因は、より良い通信能力、使用経験、FOV(視野)の発達が含められる。

ARスマートグラスはさらに使用者を増やしていくだろう。いくつかの会社は、より使いやすくて軽く、FODを超える最新スマートグラスを開発中である。

関連記事
メガネ型ARスマートグラス、2021年までに2700万台出荷すると米企業が予測

米調査会社、2016年までの軍事AR市場は13億1130万ドルに達すると予想

自動車分野はAR市場は、AR HUDやフロントガラスにARを搭載することで、成長が見込める

自動車の分野においては、CAGRは予想よりも70%上回る可能性がある。バーチャル技術は、増え続ける車種と異なるデザイン・製造工程の車に応じて今後さらに使用される。実際にVolkswagen社は、車に搭載されたバーチャルデータに伝達するための特殊なARを搭載した。結果的に、製品開発の時間と費用は節約されたのだ。

関連記事
運転環境を改善するARヘッドアップディスプレイ、2025年まで1500万台出荷と予測

交通事故減少のための歩行者検知ARシステム、Hondaが特許公開

ARヘッドアップディスプレイ自動車の時代が来る!米市場調査会社が公表

2016年12月18日追記
フォルクスワーゲンは今後発売される、すべての次世代電気自動車I.D.に、最もクールな機能の1つ、ARヘッドアップディスプレイ(以下HUD)を採用している。

フォルクスワーゲン、次世代電気自動車I.D.にARヘッドアップディスプレイを採用

2016年12月18日追記
プジョー、Hyundai、トヨタ、ジャガーは、AR表示対応のフロントガラス開発に取り組んでいる。

配車サービスUberが自動運転車を公表、大手自動車メーカーはARフロントガラスを開発中

アジア、中国のAR市場はハードウェア製造の増加が期待できる

アジア太平洋AR市場は、2024年に440億3000万米ドルに達すると予想されている。特に中国では、ARデバイスとARアプリの成長が期待される。2014年、中国で急激なハードウェアの製造増加が見られ、その結果、いくつかのチップ製造業社は、莫大な投資によってAR技術の支援を計画しているのだ。

関連記事
中国検索エンジン、Baidu、スマートフォン向けARプラットフォームDuSeeを発表

AR市場に参入する企業はグローバル大手企業

主要参加会社は、AU Optronics、ケンブリッジ・ディスプレイ・テクノロジー、LGディスプレイ、三菱電機、Panasonic、Sony、東芝。M&A(企業合併)により、品数が増え、よりグローバルになり有利になった。

転載元引用元
Augmented Reality (AR) Market Analysis By Component (Hardware and Software), Display (Head-Mounted Display, Head-Up Display, and Smart Glass), Application (Aerospace & Defense, Medical, Gaming, Industrial, Automotive and E-commerce & Retail) And Segment F

2016年12月18日追記
業界の動向、予測、分析を網羅した500,000以上の市場調査レポートしているインド企業のReportsnReportsによると、ARゲーム産業IoTを用いたAR市場は、2027年に7兆ドルを超える予測している。

2027年AR市場は7兆米ドルに!ゲームや産業でIoTを用いた技術発達

ARスマートグラス ARニュース AR市場 自動車
,

英語圏留学後、今はフランスの大学受験生。ARについての知識を深めるとともに、どんどんレベルアップしていきたいです。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly