GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ARがeコマースで小売業者と顧客の双方にもたらす3つの利点

 2268

スマートフォンアプリを使って仮想ポケモンを捕まえたり、Snap(スナップ)のマスクフィルターで遊ぶ以外にも、ARはeコマースに大きな価値をもたらします。なぜARが小売業にとって非常に効果的なのでしょうか?

ARはオンラインショッピングで商品を購入し、商品が届いた時の認識のズレをなくすことができます。このAR機能でバーチャル商品をテーブルや床の上に置くことができるようになりました。eコマースで人々がショッピングする方法はどのようになるのか、購入前にAR表示で確認する方向へ急激に変化しています。

たとえ商品のサイズがわかっていたとしても、実際に家に商品が届いたら、どんなものなのかを予測するのは非常に困難。店舗に訪れて一目見る以上にわかりやすい方法はないです。では、仮想物体として商品を目の前に置くことができるならどうでしょうか?

ARは小売業者と買い物客に価値をもたらしています。

1. Eコマースの商品をAR表示

小売業界の調査によると、61%の買い物客がARで表示するショップで買い物をしたいと回答しました。買い物客が購入する際にショップと良き関係を保ち続けることは、全ての小売業者にとって第一優先です。

しかし、AR表示でショッピングすることは非常に難しいことでもあります。ARを利用すれば、買い物客はオンラインストアでより長い時間をかけ、商品を見たり追加機能を試してみたりします。

ARは商品購入の決断時に効果が発揮されます。オンラインショッピングでは、写真からどんな手触りか、どんな風に家に置かれるかを想像しなければなりません。AR技術により仮想オブジェクトを現実世界で見ることができ、買い物客がイメージを膨らませる手助けをしてくれます。商品が実際に手元に届いた時にどのような感じになるか、サイズ感が想像通りかがわかることで、買い物客はより自信を持ち満足して購入することができます。

2. ARで選択肢の変更、カスタマイズ

小売業界の調査によると、77%の買い物客はARを使って、違う色や大きさを見てみたいと回答しました。多くの買い物客は購入前に様々なカラーバリエーションや色々なスタイルの違いを見たいのです。過去の事例を見ても、カスタマイズはオンラインショップにとって買い物客に伝えるのが難しいことの一つでした。

ARとコンピューター・グラフィックス(CG)により、色などの様々な選択肢をオンラインショッピングで簡単に見ることができます。小売業者がAR機能を提供すれば、買い物客は買う前に家具の色を変えて印象を確認。ARによって実際の店舗で見る商品とデジタルな要素を融合することができ、売り場との繋がりを促進することができます。

3. 実店舗でもパッケージの中身を見せるためにARを利用

さらに、商品のパッケージの外部にARマーカーを添付しAR映像を映し出すブランドもあります。パッケージの外部のARマーカーをスマート端末でかざすと、箱の外から中身の商品を見ることが可能に。さらに店舗販売を行っているお店でも、クーポンに同様の仕掛けを施し販売促進を行っているところがあります。

パッケージ以外にも、ARを採用したキオスクも販売経路の大きな部分になり始めています。買い物客は商品の箱をスマート端末でスキャンしAR表示。商品がどのようなものなのか、色や機能を確認することもできます。

関連記事
ARを使いeコマースやオンラインショップでコンバージョン率を上げる6つの方法

ショッピング、Eコマースなどに もたらす3つのAR小売マーケティング

オンラインショッピングのプラス要素、それに合わせた拡張現実(AR)技術に関する2つのこと

Augment、事前に商品を体験する魅力的な新ネットショッピングを実現

App Store
Augment - 3D Augmented Reality

Google Play
Augment - 3D Augmented Reality

SDK
Augmented Reality for Retailers

Augment Blog
AR in Ecommerce: 3 Ways Augmented Reality is Benefitting Retailers and Shoppers

Augment
Augment: Enterprise Augmented Reality Platform

AR技術・テクノロジー