GET AR

世界を変えるARニュースメディア

サムスン、海水浴客に波の危険を伝えるARアプリを開発!海難レスキュー隊がトライアル中

2017/03/08
 1946

海の危険を知らせるARアプリの写真

Samsung Australia(以下サムスン・オーストラリア)は現在、Surf Life Saving Australia, (SLSA「以下:オーストラリア海難レスキュー隊」)と共同で、Pocket Patrol(以下ポケット・パトロール)と呼ばれる無料のARアプリのトライアルを実施中だ。クイーズランド州のクーラム・ビーチと、アレキサンドラ・ヘッドランドで、AR Androidアプリが4週間稼働されている。アプリは海水浴客に、海の危険性について教える。今回のトライアルが成功した場合は、iOSを含むオーストラリアのビーチやプラットフォーム間でのアプリケーションの可用性を拡大したいと、サムスンは考えている。

チームはまた、もし離岸流に巻き込まれた場合どうなるのか、どうすれば良いのかをデモンストレーションできる、360°のVR体験を開発した。

海の危険性を人々に教える、教育ツールとしてのARアプリ

サムスンは技術ツールボックスを構築し、アプリが現在の浜の状況を確実に反映するようにした。オーストラリア海難レスキュー隊のパトロール開始時、ライフセーバーはアプリで現在危険が起こっていないかどうかのプログラムをし、1日を通して情報をアップデートできる。

アプリをダウンロードした海水浴客は、ライフセーバーによってプログラムに追加された印やチェックポイントを参照して、ビーチを訪問できる。アプリを見ると、スマートフォンカメラが、コンピュータで作られた印ならびに、危険を回避するための事実や方法が表示される。

情報のグラフィックを現実の世界に追加するために携帯電話のカメラを使用することに加えて、GPSやコンパス、ジャイロスコープも活用する。ユーザーの位置を正確にマッピングするためである。

サムスン・オーストラリアの本社副社長Philip Newton氏(以下ニュートン氏)は、ARアプリをライフセーバーに置き換える意図ではないことを強調し、述べた。「ポケット・パトロールは、安全装置ではない。単に、危険がどのように見えるのかを、人々が自覚するために役立つ、教育ツールである。ライフセーバーによって発見されたすべてのものがスクリーンに表示される。GPSがあるからといって、正確になるという意味ではない。我々は、水中での障害物や危険性に対して、非常に正確かつピンポイントでなければならなかった。」

関連記事
ARアプリZookazamを教育現場へ導入、子供たちの好奇心を駆り立てる

ARゲームアプリSpellBound、米国の州とリハビリ医療が子ども達の未来を担う

海の危険を把握するために、ARアプリは良いアイデア

ビーチの食塩水と砂の環境は、電子機器にとっては良い組み合わせではない。そして、海水浴客が水で遊ぶよりも、波について学ぶ時間を持つことが好きかどうかは分からないままである。それでも、波に関して学ぶためには良いアイデアだと思われる。

AR技術では、7月リリースのポケモンGOにおけるサーバートラブルが見受けられたが、そのような問題はない。「もしオーストラリア中のビーチにいる人が同時に使えば、問題になるかもしれないが。」と彼は笑った。オーストラリアにAR技術を活用した安全計画がなかった頃から、彼はテクノロジーの可能性があると考えていた。ARは、種々の産業において、世界中で慎重に注視している。我々の任務は、テクノロジーを活用する機会を見つけることである。

まとめ

常に天候が変わる海だからこそ、リアルタイムでの情報共有が重要である。ARを駆使して、より多くの人命を守ることに繋がって欲しい。

引用元
Augmented reality app to teach Australians beach safety

ARニュース
, , ,