GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ドローンで飛行するARゲームアプリAir Hogs Connect : Mission Drone、新たなカテゴリを創出

2017/03/07
 4445

ドローンを飛行するARゲームのプレイ写真

Spin Master社(以下スピンマスター)は、Air Hogs Connect : Mission Drone(以下ミッション・ドローン)をリリースした。ARゲームと、子どものドローンの楽しさを兼ね備えている。

トロントを拠点とするスピンマスターは、約150ドルのドローンが、Barnes&Noble(バーンズ&ノーブル)とAmazon(アマゾン)を含むアメリカの小売店にて発売中。玩具は、デジタルと物理的なガジェットの組み合わせのもうひとつの例である。企業はドローンとゲームを組み合わせることにより、市場にある他の製品との差別化を図りたいと考えている。

実際のドローンが、3Dデジタルの世界の中を飛行する。

ミッション・ドローンは、実際のドローンを3Dデジタルの宇宙で飛ばし、相互作用的なAR体験を初めてプレイヤーに提供する。Bluetooth Low Energy(BLE)を使用できるスマートデバイスと無料のゲーム用ARアプリで、ドローンはトラッキングマップ上を飛行する。マップは視覚と空間の追跡を可能にするため、スマートフォンやタブレット端末の画面で3DのARの世界を体感できる。アプリは、iOSとGoogle Playでダウンロード可能。ドローンは4つの回転翼を用いた4クワッドローターで、超軽量である。

ARゲームAir Hogs Connect : Mission Droneのプレイ方法

ドローンをマットに配置し、アプリを起動したカメラでドローンを映す。カメラがドローンを認識したのを確認して、その上をタップすると、ドローンを上昇できる。次に、ドローンを前後に操縦する方法を学ぶ。基本的には、ドローンを飛ばせたい方向に向けて、指で画面をスワイプする。

ゲームでは、パイロットはエイリアン部隊による攻撃から世界を救うために、終わりのない捜索や救命任務やチームを率いることを課される。トラッキングマップ上に示されている特定のスポットに、ドローンを飛ばすことが重要だ。画面には、兵士がドローンからロープで降りて来るアニメーションが映し出される。

実際の機体とAR技術を組み合わせることで、イノベーションとエンターテイメントの境界線を推し進める。

スピンマスター製造副社長Nick Beliaeff氏(ベライエフ氏)は「ミッション・ドローンで、スピンマスターはラジコン飛行カテゴリを作り上げた。新しい価値基準の下で優れた特長を発揮する破壊的イノベーションを進めてきた我々の歴史は、新たなプラットフォームに続いている。リモートコントロールの機体とAR技術を組み合わせることが、境界線を推し進める。イノベーションが、エンターテイメントと出会うところである」と述べている。

関連記事
ドローンで飛行するARゲームアプリAir Hogs Connect : Mission Droneが面白い!

スマホの画面を銃にしてモンスターを倒すARゲームKazooloo Gameが面白そう!

スターウォーズのホロチェスを超越!Monster Battle ARゲーム、HoloGrid

Epsonメガネ型ARスマートグラスMoverio BT-300とDJI、最新ドローン操縦を共同開発

米企業、小型ドローン用ARアプリSmartCam3D Viewをリリース

引用元
Air Hogs Connect: Mission Drone debuts with augmented reality game

AR Androidアプリ AR iPhoneアプリ ARアプリ
, ,