GET AR

世界を変えるARニュースメディア

SXSWでAR開発企業DAQRIやBlippar、Snapなど大手企業50社が出展

2017/03/07
 3346

South by Southwest Conference & Festivals 2017の画像

ARは、最も画期的な技術であることに間違いないだろう。では、現在の私たちの生活にどのくらい影響しているのだろうか?そして、どのような未来が待っているのだろうか?

CNBCで未来を創る会社として厳選された50社、Disruptor 50のリストに掲載されているDAQRI、Blippar、Snapchat Snapは、AR技術の未来へ道を切り開く。CNBCのJulia Boorstin(ブースティン氏)、DAQRIのCEO Brian Mullins(マリンズ氏)や、BlipparのCEO Ambarish Mitra(ミスラ氏)は、2017年3月10日〜19日にテキサス州オースティンで開催される、South by Southwest Conference & Festivals 2017(SXSW)の代表でもあり、演説者でもある。発表内容は、ARの与える影響と、今日その技術がどのように変化しているか、どんな未来になるかについてが発表内容だ。さらに、投資家や実業家は、ARに投資するタイミングや、さらなる拡大に向けての最大のハードルについて演説、議論する。

出展企業50社一覧

  1. Uber
  2. Airbnb
  3. Ezetap
  4. Palantir Technologies
  5. 23andMe
  6. Bloom Energy
  7. Klarna
  8. Blippar
  9. Coursera
  10. Ginkgo Bioworks
  11. Houzz
  12. Udacity
  13. LanzaTech
  14. Cloudera
  15. DAQRI
  16. Snapchat Snap
  17. Oscar
  18. Phononic
  19. MangoDB
  20. Synack
  21. Teespring
  22. SimpliVity
  23. Slack
  24. ClundFlare
  25. Spotify
  26. Medium
  27. Lyft
  28. Veniam
  29. Stripe
  30. SpaceX
  31. InsideSales.com
  32. SurveyMonkey
  33. Diamond Foundry
  34. WeWork
  35. Kabbage
  36. Deezer
  37. Humacyte
  38. Okta
  39. Twilio
  40. Cylance
  41. Moderna Therapeutics
  42. Dropbox
  43. Dataminr
  44. Motif
  45. LISNR
  46. Pinterest
  47. Jaunt
  48. Github
  49. SoFi
  50. Instacart

ARアプリを通して情報をAR表示する、Blippar

2011年ロンドンを拠点に設立されたBlipparは、ARアプリを通して情報の追加を可能にし、ユーザーは好きな時に写真や情報シェアを提供。世界170ヶ国6500万人以上の人々が利用しており、中には、Nestlé社やP&G社、 NIKE社やゼネラルミルズ社も含まれる。

AR技術革命により、単なるブランドや充実したコンテンツ利用者の範囲を超えた。スマートフォンを使いオレンジをスキャンすれば、近くで購入出来る場所を教えてくれる。さらに栄養素やレシピといった情報も手に入るのである。

関連記事
ポルシェ718ボクスターが雑誌にARを採用。Blipparと自動車メーカー広告代理店が提携

世界初のAR油絵画家、Blipparと提携し展示会を開催

ARスマートヘルメット開発企業、DAQRI

DAQRIは、特殊なARやVRアプリ調査に特化している。筆頭のARスマートヘルメットは、使用者はバーチャル指示書に従い、安全な情報と地図を利用が可能に。ヘルメットの重さは、普通の固い帽子程度で、バッテリーとドッキングステーション(機能拡張ユニット)を搭載している。これは、5000米ドルから1500米ドルで販売されており、現在オートデスク社やGE社、トプコン社、ハイパーループ社、KSP Steel社でテスト中。マリンズ氏は、「会社向けのARは、装置の速度は改良され、点検作業の46%のトラブル削減に成功した」と述べた。

関連記事
DAQRIスマートヘルメットと4DスタジオはARのあらゆる可能性を示す

工業系、業務系に特化したDAQRIの次世代型スマートヘルメット

DAQRI 4DのAR技術を用いた科学の授業がおもしろい

2016年10月18日追記関連記事
工業系、業務系に特化した、DAQRIの次世代型産業ARスマートヘルメット

DAQRI ARスマートヘルメットと4D Studioはあらゆる可能性を示す

DAQRI 4D StudioのAR技術を用いた科学の授業がおもしろい

New York Times、Aurasma、DAQRIが教室でAR、VRアプリを無償で提供

DAQRI所属のBrad Waid、子供向け教育AR企業AugThatの役員に任命

2016年10月18日追記
そもそもARとはなにか。DAQRI CEOのBrian Mullins(ブライアン・ムリンス)はVR/AR/MRの概念についてわかりやすく話している。

2016年10月18日関連記事追記
ARとは何か?スマートヘルメットを開発するDAQRI CEOが語るVR/AR/MRの概念

ジオフィルター機能を提供する、Snap(Snapchat)

Snapchat Snapは、米国に拠点を置く、写真・動画の共有、メッセージ消滅チャットを主にした大手SNS。MicrosoftのHoloLensと同様のARデバイスを開発することを発表している。毎日1.5億人のアクティブユーザー数を記録、ライブイベントやプロの出版社のためのプラットフォームだけでなく、友人とおしゃべりや家族とのメッセージチャットなど拡大している。

2016年6月には、ハリウッドのトップエフェクトアーティストのラファエル・ディックロイターをARデザイナーに任命することを発表した。

関連記事
Snap、ハリウッドのエフェクトアーティストをARデザイナーに任命

Snap、Google GlassやHoloLensと同様のARデバイスを開発すると発表

2016年10月18日関連記事追記
Snap、消費者や企業にメリットが多い、ジオフィルター機能を用いたAR広告の拡大

2016年9月26日追記
Snapchat社は2016年9月24日にSnapに社名を変更した。

まとめ

AR開発企業以外のUber、Airbnb、Github、Slack、Spotify、Dropbox、Pinterestなどの世界大手企業が参戦するSXSW。未来を見据えた大手企業がブースを構え、新しい製品をアピールするところでもあり、中小企業はその大手企業へビジネスパートナーを提携できるチャンスでもあるので、一度は訪れてみてほしい。

引用元
Life, augmented. The world with AR

ARニュース
, ,