GET AR

世界を変えるARニュースメディア

【2017年5月】ARに関するニュース他まとめ #5 ZenFone AR、ARエンジン、ARアプリなど

2017/06/16
 3892

拡張現実(AR)を専門に扱っているニュースサイト「GET AR」が、記事として掲載したARニュース関連その他をまとめてランキング形式にして発表します。本公表は、2017年5月1日~31日までに公開した記事のアクセスを集計したものです。

「GET AR」はARに関するニュースやイベント情報、海外記事の紹介や体験レポートを配信。サイトの隅々までご覧いただけますと幸いです。

1位:ZenFone AR レビュー

スマートフォンZenFone ARと化粧箱

AR/VR技術がつまったTango&Daydream対応スマートフォン、ASUS「ZenFone AR」(ZS571KL) の試用機レビュー記事です。Tango、Daydream、Cardboardの違いや、本デバイスの外観、発熱性、電池持ち、暗い場所での動作などがまとまっています。

関連記事
AR/VRに対応したスマートフォン ASUS「ZenFone AR」を試用機レビュー!

2位:Kudan社のSLAM技術によるARエンジン

スマホ

Unity主催のイベント「Unite 2017 Tokyo」に出展していたKudan(クダン社)のSLAM(スラム)技術をベースにしたARエンジンの記事。エンジンやロゴ、普及における施策、利用企業や大学などをKudan株式会社の千葉氏にインタビューしました。

関連記事
個人開発者・インディーは完全無料!Kudan社のSLAM技術によるARエンジンとは?

3位:Tango端末の測位技術「VPS」

白黒の背景に様々な色の斑点

グーグル主催の「Google I/O 2017」の基調講演にて、Googloe Tangoデバイスを使った測位技術「VPS(Visual Positioning Service:視覚測位サービス)」を公表したニュースです。

関連記事
グーグル、Tango端末の測位技術「VPS」を発表!映像を解析しマップを作成

4位:メガネスーパーの新会社「Enhanlabo」

メガネスーパーのロゴ

株式会社メガネスーパーが、2017年5月1日付けで新会社「Enhanlabo(エンハンラボ)」を設立したという記事です。ウェアラブル事業の加速化を目的としています。

関連記事
メガネスーパー、ウェアラブル事業の拡大に向けて新会社「Enhanlabo」を設立

5位:マイクロソフトリサーチのARグラス

メガネ

マイクロソフトリサーチがAR(拡張現実)グラスを公表した記事です。レンズ部にデジタルホログラムを投映でき、高コントラストで高解像度を実現。マイクロソフトが提供する「HoloLens」の視野角が40度程度に対して、本ARグラスは80度の広視野角を実現しています。

関連記事
マイクロソフトリサーチがARグラスを公開!視力矯正機能搭載、視野角80度を実現

6位:ARシューティングデモ「snipAR」

2つの銃

株式会社ワン・トゥー・テン・ドライブが自社で開発した、プロトタイプのARシューティングデモ「snipAR(スナイパー)」。本コンテンツの体験レポートと担当プロデューサーのインタビューを紹介した記事です。

関連記事
Tango対応スマホを活用したARシューティングデモ「snipAR」モンスターを倒してコインを取れ!

7位:PTCのARプラットフォーム「Vuforia Smart Terrain」

スマホの中にエフェクト

拡張現実(AR)開発環境で最も多く使用されているソフトウェアのVuforia(ビューフォリア)プラットフォームが、Google Tango対応スマホをサポートするVuforia Smart Terrain(ビューフォリアスマートテレーン)を提供するといったニュースです。

関連記事
PTCのARプラットフォーム、Tango対応スマホをサポートするVuforia Smart Terrainを発表

8位:体感型ARエンタメ「HADO SHOOT!」

静活社が、静岡県のシネプラザサントムーンに世界初の体感型ARエンターテイメント「HADO SHOOT!(ハドーシュート)」を展開した記事です。

関連記事
静活、体感型ARエンタメ「HADO SHOOT!」静岡県のシネプラザサントムーンに展開

9位:ARアプリ19選

スマホの画面上にエフェクト

2017年6月現在に、ダウンロードができる無料ARアプリをまとめた記事です。紹介しているのは、一般的に普及しているスマホを使ったiOS/Androidアプリになります。

関連記事
様々な分野で活用できるARを搭載した人気ARアプリ19選

10位:Tango対応スマホで実装するWebAR

グーグルがWebブラウザでARを実現する「WebAR」をChromeで正式サポートしたという記事です。@jyuko氏が「WebAR」を使って簡単なARアプリを開発しました。

なお、同氏が運営しているブログでは、「Tangoの現在と未来の話」と題したタイトルでTangoマーカレスARとの違いやTango対応スマホのライバル機、グーグルが描くビジョンなどについて詳しく書かれています。

関連記事
Tango対応スマホで実装するWebARとは?簡単なARアプリ開発をしてみた

まとめ

以上、「GET AR」が記事として掲載した2017年5月のARに関するニュースその他まとめの発表でした。うち5つがAR技術Tangoの記事でしたね。WebARはTango対応機種で実装できますが、Kudan社のARエンジンでは古い機種のスマホでARができることが特徴です。AR市場の成長のカギはモバイルにありそうですね。今後の発展に期待しましょう!

AR関連情報まとめ