GET AR

世界を変えるARニュースメディア

国際赤十字協力、AR/MR/VRで人道支援を目指すサービスを生み出すハッカソン開催

2017/06/16
 3752

VR専門Webメディア「PANORA」を運営する株式会社パノラプロとモーションキャプチャデバイスの研究・開発を手掛けるNoitom Ltd.は、AR/MR/VR(以下、XR)をテーマにしたハッカソン『Japan XR Hackathon 2017』を6月24〜25日にかけて東京、大阪など全国7都市で開催します。

2016年第1回目として開催した『Japan VR Hackathon 2016』では、全国7都市の会場で合計350名以上が参加し、35プロジェクトが誕生。また、その中から優秀作品に選ばれたチームはNoitomが東京・お台場にVRインキュベーション施設を開設し、インキュベーションプロジェクトを実施しました。

第2回目となる今回は、戦争や武力紛争の犠牲を強いられた人々に対して人道的保護と支援を行う、公平にして中立、かつ独立した組織である赤十字国際委員会(本部、スイス・ジュネーブ 以下、ICRC)との共催で6月24日(土)〜6月25日(日)にかけて開催します。

本ハッカソンでは参加者同士でチームを作り、2日間以内にICRCが掲げる活動の中から、「地雷・不発弾対策」「紛争下での医療サービス」「民間人と弱者の救済」「障がい者の尊厳を尊重した社会づくり」「紛争下の性暴力と向き合う」「被災者及び避難民の支援」の6つのテーマのいずれかに役立つXRコンテンツを開発します。

総定員数は500名で、参加費は無料です。成果物のコンテストも開催し、最優秀作品には赤十字国際委員会から開発奨励金として最大40,000ドル(440万円)が授与されます。

また、本ハッカソンにあわせて人道支援活動のためのXRに関するシンポジウムも開催。シンポジウムにはICRCの担当者が来日して講演予定です。

「Japan VR Hackathon 2016」の様子

*昨年開催した『Japan VR Hackathon 2016』の様子

 

概要
日時 2016年6月24日(土)〜6月25日(日)
場所 東京都江東区青海2-5-10 テレコムセンター東棟14階
会場 東京 コワーキングスペースMONO(定員300名)
サテライト会場 大阪 調整中(定員30名)
石川 石川県加賀市(定員30名)
岡山 KLab株式会社(定員20名)
広島 イノベーションハブCampas広島(広島県協賛、定員30名)
福岡 福岡工業大学(定員20名)
沖縄 琉球大学工学部1号館321教室(定員30名)
対象 AR/MR/VRコンテンツ開発に興味のある学生・社会人
参加費 無料

■協賛(50音順)
プラチナスポンサー
・HTC NIPPON
・日本マイクロソフト株式会社
・ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社

ゴールドスポンサー
・株式会社アユート

シルバースポンサー
・株式会社アカツキ

ブロンズスポンサー
・MSI
・AMD
・CoolerMaster

■主催
Noitom Ltd.(グランドスポンサー・共同主催)
PANORA(メディアスポンサー・共同主催)
Silicon Valley Virtual Reality (SVVR)(コミュニティスポンサー・共同主催)
SVVR Japan (SVVR日本支部)(コミュニティスポンサー・共同主催)

■共催
赤十字国際委員会

【問い合わせ先】
パノラプロ 担当:広田 info@panora.tokyo
SVVR Japan  event@svvr.jp
*当日の取材などもお気軽にお問い合わせください

関連サイト
PANORA
ニュースリリース
申し込みサイト

ARニュース
, ,