GET AR

世界を変えるARニュースメディア

大日本印刷、スマートグラスを活用して能楽を鑑賞しながら解説が見られるARシステムを開発

2017/06/16
 14882

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、能楽の公益社団法人宝生会と共同で、AR(Augmented Reality:拡張現実)による能楽鑑賞ガイダンスシステムの実用化に向けた実験を公表。2017年7月29日(土)に行われる宝生流能楽公演「体感する能『黒塚』」など3公演にて実験を実施します。

本システムは、メガネのように着けて、実際に見ている光景に情報を重ねて表示するスマートグラスを活用しています。

「AR能楽鑑賞システム」の概要と特徴

鑑賞者は、解説コンテンツのデータを収録した情報端末とスマートグラスをセットで使用。実用化に向けて、以下の3点を改良した内容です。

  1. 全座席で安定した運用を実現。
    演目の進行に合わせて、最適な解説コンテンツをスマートグラスに表示します。表示するタイミングを指示する情報は、音響透かし技術を活用した、人の耳で聞き取れない非可聴音信号として会場の既設スピーカーから配信。そのため、Wi-Fiなどの通信環境を新たに設置する必要がなく、全ての座席で安定した運用ができます。
  2. 日本語・英語切り替えが可能な多言語対応。
    情報端末の貸出時に使用言語を選択することで、スマートグラスに表示する言語を切り替えることができます。
  3. 容易なコンテンツ制作機能によって、公演関係者などによる解説画面の制作が可能に。
    スマートグラスに表示する解説画面を簡単に編集・制作できる機能を搭載。コンテンツ制作に関する特別な知識や技能を持たない方でも、コンテンツの編集・制作・更新が可能です。

※本公演の実験では、ソニー製スマートグラス「SmartEyeglass SED-E1」と、エヴィクサー株式会社の音響通信システム「Another Track®」を採用しています。

実証実験を行う公演

○第十三回 和の会主催 宝生流能楽公演 「体感する能『黒塚』(くろづか)」
・日時 : 2017年7月29日(土) 開演16:00(開場 15:00)
・会場 : 宝生能楽堂 東京都文京区本郷1-5-9
・料金 : S席6,500円/A席6,000円/B席5,500円/C席5,000円/学生券4,000円(全指定席)
○上記のほか、10月14日(土)「五雲会」および11月9日(木)「能楽堂リレー公演」でも実施。

※能「黒塚」の「AR能楽鑑賞システム」は各日、先着10~15名様に無料で利用可能。

今後の展開

DNPは、バーチャルの世界を感じる環境を作り出すVR(Virtual Reality:仮想現実)や、現実の世界に情報を重ねて表示するARを活用し、新たなコミュニケーション体験ができるサービス「DNP VR・AR活用ソリューション」を提供。今後「AR能楽鑑賞システム」を実用化するとともに、能楽以外の古典芸能や舞台芸能、美術館や博物館などの文化施設、娯楽施設、観光施設などに向けて、スマートグラスとARを組み合わせた鑑賞・ガイダンスシステムのプラットフォーム構築を行っていきます。また、インバウンド需要の拡大に合わせた多言語対応や、聴覚障がい者への対応にも取り組んでいくそうです。

関連サイト
スマートグラス
ソニー
ニュースリリース
大日本印刷

ARニュース
, ,