GET AR

世界を変えるARニュースメディア

スマートグラス MOVERIO「BT-350」を使って歴史を体験!長野県諏訪市が観光案内の実証実験

2017/06/14
 4151

長野県諏訪市は2017年5月28日に、ウェアラブル端末のスマートグラス MOVERIO「BT-350」を使った観光案内の実証実験を同市の高島城天守閣にて実施しました。市内に本社があるセイコーエプソン社製のデバイスを使用しています。

スマートグラス

市民観光ガイドの説明に合わせ、装着したスマートグラスのレンズに城の歴史を紹介する映像などが表示される仕組みです。体験当日、諏訪市観光課観光係は、10代〜70代の男女45組の人に体験を実施させアンケートを回収。

コメントでは、「当時と今の街並みの比較ができて分かりやすかったです(30代男性、50代男性、70代女性)。」「失われたものを、今の技術でより良く見せます。素晴らしいと思います(40代男性)。」と、記載。GET ARの取材に対して同市役所では、「導入に向けて検討を進めております」と、コメントしています。

観光案内人がタブレット端末を操作し、1598(慶長三)年の築城当時の概要がわかる図面や、天守閣が取り壊された後の石垣の写真などをスマートグラスに送信して解説しました。

関連サイト
スマートグラス
エプソン
中日新聞

ARニュース
,