GET AR

世界を変えるARニュースメディア

アップル社の労働災害報告書が流出!ARグラスの開発過程で起きた事故も

 4760

Apple VRヘッドセットのイメージ

米テクノロジーメディアの「Gizmode(ギズモード)」は2017年4月20日(米国時間)に、アップル社の労働災害に関する70件の報告書を入手したと報じています。

同社のプロトタイプ部門によるレポート内容は、ARグラスのプロトタイプを装着した実験者が、動作テスト中に、目に嫌悪感を覚え眼科医の診察を受けたと掲載。

70件の報告書の中には、Apple Watchチームの従業員がスキー滑降中に膝を負傷。追跡データを収集するためだと記述してあります。さらに、社員レストランで魚を焼いていて火傷したアクシデントや、漏電しているリチウムバッテリーの臭いを嗅いで気分が悪くなった事故も含まれています。

2017年2月28日にアップル社がイスラエルにて、1000人規模のエンジニアを雇用してARに関する「何か」を開発していると「ビジネスインサイダー」が報道。2017年2月10日には、同社CEOのティム・クック氏が英国オンライン新聞「インデペンデント」紙で、VRではなくARが世界を変える可能性があると話しています。さらに同氏は、「ARは三度の飯のような存在になる」、「VRより日常的に使用するARに可能性を感じる」と、コメント。

今回の事故を含めて、アップル社はAR製品の開発に本気で挑んでいるところがうかがえますね。

関連サイト
Gizmode
Photo:画像クレジット

ARニュース