GET AR

世界を変えるARニュースメディア

米国連邦高速道路局、品質管理や建設データ分析・活用のためにARを模索

2017/03/23
 1708

建設中の高速道路

ITプロフェッショナル向けのテクノロジーを配信している「GCN」は2017年3月9日に、米国連邦高速道路局(FHWA)が拡張現実(AR)と道路の品質管理や高速道路建設を、どのように活用できるか模索していることを公表しました。

同メディアによると、ARを活用して全体の工事や管理などといった情報を作業員と共有することで、建設に取り組む関係者内でコミュニケーションを円滑にするのではないかという研究をしているとのことです。

ARを建設に活用

工事現場にスケジュールや天気をARで表示

米国連邦高速道路局はARを使って、建設工事に関するデータの把握、建設情報の分析や活用などといった広範囲での使用を試みようとしています。

ARを使った建設データの分析は発展途中の段階で、建設会社Mortenson(モーテンソン社)や図面作成ソフトウェアやCADを開発しているAutodesk(オートデスク社)、スマートヘルメット開発企業のDAQRI(ダクリ社)などの企業が、情報解析システムを開発して表示する方法を研究しているそうです。

関連サイト
ニュース記事(英語)
FHWA(英語)

ARニュース
, ,