GET AR

世界を変えるARニュースメディア

子供でも簡単にブロックを組み立てられる!ARを活用したおもちゃゲーム「SwapBots」

2017/04/24
 3269

スワップボッツ

SwapBots(スワップボッツ)」は、ARを活用した新しいタイプのおもちゃ。頭、体、足の3パーツに分かれていて、様々なブロックの組み合わせアプリを起動してスマホやタブレットを介すと、画面上でおもちゃが動き出すARゲームです。

本製品は、デンマーク発の世界一有名なブロック玩具メーカーが開発したレゴよりも軽く、子供でも簡単に組み立てられる構造になっています。

ARを活用した子供用おもちゃゲーム「SwapBots」

スワップボッツ

ブロックを組み合わせてできたものをボットといいます。ボットを、アプリを起動した状態でかざしてみると、数秒でブロックが認識されて画面上にARで表示。端末を通して見ている映像は、ボットの羽がパタパタと羽ばたき始め、触覚が見えて動き出します。作り上げたおもちゃによって、ボットから出てくる特徴は様々です。

ARを活用した「SwapBots」アプリでは、ボットを使って遊べるミニゲームがたくさんあります。「SXSW 2017」で展示されていたARデモでは、iPadの画面をタップして火の玉を的に当てたり、ボットを画面の中で走らせてアイテムやゲーム内通貨を集めたりするミニゲームもありました。ストーリーモードもあり、作ったキャラクターの外見を楽しむこともできるARおもちゃゲーム「SwapBots」は、子供から大人まで楽しめますね。

スワップボッツ

それぞれのブロックに違った特徴があるので、同じようなボットのデザインはなかなかできません。

そして、組み立てたボットにはタイプがあり、どのミニゲームで遊ぶかによって相性が良いか悪いかが変わってきます。例えば、ブロックの的が高い位置にある場合は、羽のあるボットが有利になるでしょう。

アプリ無料配信で課金なし!キットも安い!

スワップボッツ購入料金

「SwapBots」はただ見た目が可愛いだけではなく、とてもリーズナブルな価格設定となっています。3体のキャラクターが入ったスターターパックはたったの16ドル(約1600円。アプリは無料配信で課金もないという太っ腹ぶりです。

資金調達サイトのKickstarter(キックスターター)にて、「SwapBots」のスターターパックの事前予約をすることができます。2017年4月には2.5万ドル(約250万円)以上の資金調達に成功。2017年の夏の終わり頃に世界に向けて発送予定となっています。

関連記事
おもちゃを集めてカスタマイズして戦うARゲーム「SwapBots」

AR技術・テクノロジー