GET AR

世界を変えるARニュースメディア

AR HUD開発企業のWayRay、アリババから1800万ドルの資金を調達

 4641

ARホログラフィックナビゲーションシステム、「NAVION」の製造企業であるWayRay(ウェーレイ)は、世界トップクラスのシェアを獲得しているeコマースサイト運営のAlibaba(アリババ)から、1800万ドル(約20億円)の資金を調達しました。

WayRay社は2012年にスイスで設立された、ARヘッドアップディスプレイ(AR HUD)開発企業。すでに調達した1000万ドル(約11億円)を、ドライバーの視覚上に車の走行速度や道路状況、ガソリン残量、現在時刻などの情報をHUDを介して表示する開発に費やしたそうです。同社はARナビゲーションシステム搭載のAR HUD、「NAVION」を2017年中に出荷する計画をしています。

AR HUD開発に向けて

AR HUDの開発には、内外側センサーの有無、的確な車両位置、方向、3D、投影表示、モニターでドライバーの情報を計算し、正確なアルコリズムの設計や道路情報を取得する技術が必要になります。HUDシステムにハッキングを受けないためにも、セキュリティを強固にすることも必須です。2017年中に出荷するとのことですが、果たして年内にAR HUDの「NAVION」を見ることができるのでしょうか。今後の動向に期待しましょう。

関連サイト
ニュースリリース(英語)
WayRay(英語)
NAVION(英語)

ARニュース
, , ,