GET AR

世界を変えるARニュースメディア

NTTデータがSXSW出展!AR技術でビールを紹介するデジタルサイネージを展示

 1890

SXSWのポスター

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は2017年3月10日にプレスリリース配信サイト「PR TIMES」にて、アメリカ・テキサス州で開催される世界最大のビジネスとコンテンツの祭典、「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW®) 2017」のJAPAN FACTORYにおいて、3月12日から14日までインタラクティブサイネージを展示すると明らかにしました。

AR技術でビールを紹介

3人のイラスト

NTTデータはSXSWの展示で、JAPAN FACTORY内にあるスペースにデジタルサイネージを設置し、「Linked Virtual Ad. ~Talking Beer~」を紹介するそうです。

「Linked Virtual Ad. ~Talking Beer~」は来場者がビールを手に持ちデジタルサイネージの前に立つと、モーションキャプチャー技術が手の部分を認識し、物体検索技術が手に持っているビールの銘柄を特定します。ビールの銘柄が特定されると、その銘柄に対応したキャラクターがAR技術を活用してビール画像上に登場し、ビールの情報を自己紹介します。

複数の物体の同時認識も可能で、会場には8種類の銘柄のビールを用意しているそうです。各ビールに対応したそれぞれのキャラクター同士が挨拶する等、互いに協調しながらビールの商品情報を楽しく提供してくれます。ビール片手に来場者同士のビジネスにおける、きっかけをつくる演出も期待されます。

開発企業
NTTデータ

ARニュース
,