GET AR

世界を変えるARニュースメディア

アップル社、イスラエルでエンジニアを1000人を投入してARを研究開発か

 2597

ティム・クック

ビジネス・インサイダー」は2017年2月28日に、アップル社が1000人規模のエンジニアを雇用して、ARに関する「何か」を開発していると報道しました。

UBS証券のアナリストの報告書によると、「アップルはイスラエルに1,000人もの技術者を投入して、AR関連のプロジェクトを研究開発している可能性が高いです」と、掲載されています。

2015年2月のレポートでは、イスラエルのヘルツリーヤに位置する、約1万6000平方メートル以上ある広大な新オフィスに、約800人の従業員が雇用され、iPhone8に向けて開発に取り組んでいると書かれています。

AR技術を開発

AR技術の開発のため、アップル社は技術力が高いイスラエルの企業を3社買収しています。
2013年に、3D空間の物体を認識するセンサーやチップ・ソフトウェアを開発している企業、「PrimeSense(プライム・センス社)」を3億5000万ドルで買収。
2015年には、カメラに搭載されているイメージセンサーを持つ企業の「LinX Computational Imaging Ltd.(リンクス社)」を買収しました。
2017年2月には顔認識技術を開発している「Real Face(リアルフェイス社)」という新興企業を買収し、iPhone利用者に向けて新たなサービスを展開する予定だそうです。

ARニュース