GET AR

世界を変えるARニュースメディア

イギリス建築会社、DAQRI社の「スマートヘルメット」のテスト導入を開始

2017/02/27
 3339

DAQRIスマートヘルメット

英国の建設業界向け無料オンラインニュース「Construction Enquirer」は20日に、Skanska(以下、スカンスカ社)のイギリス支社が「スマートヘルメット」を建設現場などでテスト導入すると報じました。

スカンスカ社は、スウェーデンのストックホルムに本社を置く建築会社です。
同社のイギリス支社は、ウェアラブルAR技術を搭載した「スマートヘルメット」を開発した企業、DAQRI社と提携します。
同製品のディスプレイ部は、データを映し出す機能を搭載しています。

DAQRI社のスマートヘルメットの4つの利点

  1. リモート操作
    「スマートヘルメット」装着している作業員の視野を、共有することが可能で、会話や指示もすることができます。
    遠隔で現場作業者の視界をシェアしている人とコミュニケーションがとりやすく、指示や支援が可能。
    現場にいない人との意思疎通がしやすくなります。
  2. 温度感知機能
    製品や機材の温度情報から危険な熱度を探知し、「スマートヘルメット」のディスプレイ部にARを表示。
    火傷を事前に防止します。
  3. 仕事のマニュアル提供
    現場作業者が装着している「スマートヘルメット」へ、その日実施する任務や機材の手引書などといった情報を転送しレンズ部へ表示。
    作業手順をわかりやすくします。
    作業員の機材を取扱いミスや、作業時間の削減ができるでしょう。
  4. 完成図の視覚化
    3Dで完成予定図を見ることにより、現状の進捗や完成までの道筋がより明確に。

現場作業員はDAQRI社の「スマートヘルメット」を装着して作業を実施することで、効率的に作業ができるようになります。

ARニュース
,