GET AR

世界を変えるARニュースメディア

BT-300対応アプリの「DJI GO」シリーズ、最新バージョンにアップデート

2017/02/24
 1330

ドローンを飛ばしている男性

EPSON社が開発したスマートグラス「BT-300」対応アプリ「DJI GO」と「DJI GO 4.0」が20日に、MOVERIO Apps Marketで最新バージョンにアップデートされました。

DJIのドローンアプリは、「BT-300」を装着して「DJI GO」を起動し、ドローンを操縦するとドローンから見える景色(撮像)を人間の目線で見ながら操作ができます。

最新バージョンは、フライト禁止区域のデータベースを更新。
ユーザーの現在位置をホームポイント(最後にドローンが離陸した場所)に、設定した際の不具合を改善しています。

DJI社は、民生用ドローンおよびその関連機器の製造会社です。
商用ドローン業界最大手であり、世界シェアの70%を占めています。

EPSON MOVERIO プロダクトマネージャーのEric Mizufuka氏は、「MOVERIO OSを「R1.1.0」にシステムアップデートしてDJIドローンを飛ばそう!」と、自身のツイッターに投稿しています。

本体の「BT-300」のシステムアップデートは、2017年2月8日。
スリープ復帰時のホームキーの操作(十字・バック・ホーム・履歴キー)が改善されました。

「BT-300」を装着してドローンを目視しながら飛行させることは、航空法における目視外飛行に該当しません。
ドローンを飛行させる際は、機体の目視を必ず行いましょう。

ARニュース