GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ARヘッドセット開発企業Meta社、新CTOにKari Pulli氏を就任

2017/03/08
 3591

シリコンバレー・ビジネス・ジャーナルのオンライン版「BUSINESS JOURNAL」は2017年2月13日に、ARヘッドセット開発企業Meta社が「Kari Pulli」(以下、プリ氏)を、Core製品部門のCTOとして採用したことを明らかにしました。

プリ氏の経歴は、以下の通りです。
2011年3月~2014年10月までNVIDIA社のモバイルビジュアルコンピューティング研究チームにCTOとして勤務し、2014年10月から2015年10月、パロアルトにあるライト社に責任者として所属。
そして、インテル社には2015年10月から2017年1月まで帰属していて、イメージング&カメラ技術グループの最高技術責任者として勤めていました。
2017年2月からARヘッドセット開発企業Meta社の、Core製品部門のCTOに就任しています。

プリ氏は画像認識技術、機械学習、AR技術を専門に研究しています。
多数のカメラで撮影された複数の画像を、一つの高解像度画像に組み立てるソフトウェア開発に携わりました。

ARヘッドセット開発企業、Meta社

カリフォルニア州サンフランシスコのごく近くに位置するサンマテオに本拠地を置くMeta社は、949ドルのARヘッドセット「Meta 2」を開発しています。
グーグル・グラスのようなメガネ型デバイスとは違い、ARヘッドセット「Meta 2」は拡張されている世界でバーチャルなオブジェクトを実際に手で掴んで持ち上げることが可能。
同社のプロモーションビデオでは顔認識の技術を利用し、目の前で話している相手や仕事についての情報を表示する機能も近いうちに実装するようです。

Meta社は2012年に創業し、2013年夏に世界最大の起業養成講座運営のYコンビネーター社からの投資を受けています。
最高経営責任者はウェアラブルアイウェア「SpaceGlasses」を開発したメロン・グリベッツ氏。
2016年6月には5000万ドルの資金を調達しています。

ARニュース